バリアフリーな観光情報

  • 琵琶湖疎水記念館イメージ 美術館 / 博物館 琵琶湖疎水記念館 琵琶湖疏水記念館 琵琶湖疏水記念館(びわこそすいきねんかん)は京都市左京区にある「琵琶湖疎水」の成り立ちを紹介する記念館で、1989年(平成元年)8月9日に開館しました。琵琶湖と京都を結ぶ運河「琵琶湖疏水」の完成100周年を記念して京都市が開設した公営の記念館です。(管理を担当しているのは「京都市上下水道局」で、開設20周年にあたる2009年には一時休館しリニューアルが行なわれました) 所蔵資料は琵琶湖疏水とともに2007年11月に「近代化産業遺産」として認定されており、見どころ豊富な施設となっています。 展示室は「地階」「1階」「2階」に分かれており地階・1階の常設展示(ミニチュアやビデオライブラリーによる解説、レプリカを含む関連資料の展示)のほかに2階では特別展示が定期的に内容を変更して行われています。 その他にも、屋外展示として水力発電に使われた「ペルトン式水車」と「スタンレー式発電機」、さらに京都市動物園の地下にあたる場所には「ドラム工場」と呼ばれるインクラインの操車場とその設備の一部が当時のまま残されており、インクライン周辺と合わせて大変見ごたえのある施設となっています。 「ドラム工場」内の様子 琵琶湖疎水記念館では屋外に休憩用のいすなども設置されており、休日などには京都の浄水をPRするためのイベントなども定期的に行われています♪ マンホールカード ※マンホールカードは下水道広報プラットホームが制作発行を支援するトレーディングカードです。マンホールカード、配布状況について詳しくはこちらをご確認ください → http://www.gk-p.jp/mc-qa/ 入館料 無料 詳しく見る
  • 京都市京セラ美術館(京都市美術館)イメージ 美術館 / 博物館 京都市京セラ美術館(京都市美術館) 京都市京セラ美術館(京都市美術館) 京都市美術館(きょうとしびじゅつかん)は、京都市左京区の岡崎公園にある美術館で、1933年(昭和8年)開館。公立の美術館としては「東京都美術館」に次ぎ日本で二番目に開館した大変歴史ある美術館です。 コレクションは明治以降 - 1990年(平成2年)頃にまで至る日本画、洋画、工芸作品などが中心で、主な展覧会はこれらコレクションを年数回テーマを変えて展示換えする常設展のほか、各種公募展、大学の卒業展などが開催されています。また、新聞社などが主催する大規模な企画展覧会も定期的に行われています。 2020年のリニューアルに伴い「京セラ」が命名権を取得し、2020年(令和2年)3月21日の再オープンに先立ち2019年から京都市京セラ美術館(きょうとしきょうセラびじゅつかん)の呼称に変更。これに伴い、京都市伏見区の京セラ本社にあった「京セラ美術館」は「京セラギャラリー」に名称変更されました。(こちらの「京都市京セラ美術館」という名称は2070年まで使用されるそうです) 館長はリニューアル案の設計者でもある建築家の青木淳氏で、京都市内にある国公立の博物館・美術館4館で構成する「京都ミュージアムズ・フォー」の1つです。 開館80周年にあたる2014年に、京都市は「京都市美術館将来構想」を策定。翌年には「京都市美術館再整備基本計画」を策定し、公募型プロポーザルによって、応募者の中から現在館長を務める青木淳氏と共同設計者・西澤徹夫氏の案が選ばれました。 リニューアル工事は休館後の2018年1月に始まり、2019年10月に竣工、2019年11月には報道陣や美術関係者や一般市民に対する公開が行われました。(ちなみに、命名権の額は50億円で改装費用のおよそ半分だそうです…え、改装ってそんなにかかるの?汗) 企画展・別館は、展覧会ごとに料金が異なります。 各展覧会のページをご覧ください。なお、団体(20名以上)のお客様はこちらをご覧ください。https://kyotocity-kyocera.museum/news/infomation/2020/06/group  コレクションルーム京都市内在住の方市外在住の方団体(20名以上)一般※1520円730円620円小中高生等無料※2300円200円小学生未満無料無料無料 ※1 京都市在住の70歳以上の方(敬老乗車証等の提示で確認)、障害者手帳等を提示の方およびその介護者1名は無料です。京都市キャンパス文化パートナーズに登録している京都の大学に通学する学生で会員証・学生証を提示の方の観覧料は100円です。京都市キャンパス文化パートナーズの登録はこちらから※2 京都市在住または通学の小中高生等※1、2については確認できるものをご持参ください。 詳しく見る
  • MoMAK(京都国立近代美術館)イメージ 美術館 / 博物館 MoMAK(京都国立近代美術館) MoMAK(京都国立近代美術館) 1963年(昭和38年)に京都市勧業館別館を改装し、「国立近代美術館京都分館」として開館、1967年(昭和42年)「東京国立近代美術館」より独立、「京都国立近代美術館」として本格的に運用が開始されました。 日本の近代美術史全体に配慮しながら、京都を中心に主に関西・西日本の美術に比重を置き、京都画壇の日本画・洋画などを積極的に収集・展示しているほか、国内外の近代芸術作品をジャンルを問わず、積極に展示している。 収蔵品にはピカソやモンドリアン、横山大観、藤田嗣治(レオナール・フジタ)、河井寛次郎など著名な作家の作品も多くコレクションされています。 また、現在の建物(新館)は「プリツカー賞(*1)」受賞の建築家・槇文彦氏による設計で、1986年(昭和61年)に竣工しました。 京都市内にある国公立の博物館・美術館4館で構成する「京都ミュージアムズ・フォー」の事務局も京都国立近代美術館内に設けられているそうです。 *1 「プリツカー賞(The Pritzker Architecture Prize)」は、アメリカのホテルチェーン「ハイアットホテルアンドリゾーツ」のオーナーであるプリツカー一族が運営するハイアット財団(The Hyatt Foundation)から建築家に対して与えられる賞。 展覧会の観覧料は各展覧会によって異なります。 尚、展覧会の観覧券でコレクション・ギャラリーもご観覧いただけます。※学生・教職員の方は国立美術館キャンパスメンバーズのページをご確認ください  コレクション・ギャラリー当日団体夜間割引一般430円220円220円大学生130円70円70円高校生、18歳未満、65歳以上無料無料無料 ※観覧券のご購入、入場は閉館の30分前までです。※夜間割引:金曜日、土曜日午後5時以降に観覧券をご購入、入場されるお客様に割引を実施します。(2021年1月16日より当面の間、夜間開館は中止)※国立美術館キャンパスメンバーズは、学生証または職員証の提示により、無料でご観覧いただけます。 詳しく見る
  • 平安神宮イメージ 寺社仏閣 平安神宮 平安神宮 平安神宮(へいあんじんぐう)は、京都府京都市左京区にある神社で、旧社格は官幣大社(かんぺいたいしゃ)、勅祭社(ちょくさいしゃ)で現在は神社本庁の別表神社。(なんのこっちゃ?って感じですが、天皇家と国が管理していたという意味のようです…別表神社も結局、国の管轄なので国が運営している神社ってことですかね?) 1895年(明治28年)4月1日に平安遷都1100年を記念して京都で開催された「内国勧業博覧会」の目玉として平安京遷都当時の大内裏の一部復元が計画されました。当初は実際に大内裏があった千本丸太町に朱雀門が位置するように計画されたそうですが、用地買収に失敗、1893年(明治26年)9月3日に地鎮祭が執り行われ、当時は郊外であった「岡崎」に実物の8分の5(ポテチかな?)の規模で復元されたそうです。 博覧会に先立つ3月15日には、平安遷都を行った天皇であった第50代桓武天皇を祀る神社として創祀され、皇紀2600年にあたる1940年(昭和15年)に、平安京で過ごした最後の天皇である第121代孝明天皇が祭神に加えられたそうです。 平安神宮では、京都を守る四神に関するお守りなどの授与品が多く存在します。 1976年(昭和51年)1月6日に火災(平安神宮放火事件)により本殿・内拝殿など9棟が炎上、焼失しましたが、東西の両本殿から御神体は運び出されており無事でした。また、外拝殿である大極殿も延焼をまぬかれましたが、焼失した9棟に関しては創建が比較的新しかったこともあり、当時はまだ文化財指定を受けておらず、再建のための国からの補助金が見込めませんでした。しかし、全国からの募金や寄付により、本殿や内拝殿は3年後に再建され、現在も見ることができるのです。(感謝!) 1994年(平成6年)3月15日には、平安神宮御鎮座百年祭が執り行われました。 御朱印  ※御朱印帳のデザインは「四神」が表紙に描かれています。(詳細は公式HPへ) 詳しく見る
  • 京都府庁旧本館イメージ 史跡 / 旧跡 京都府庁旧本館 京都府庁旧本館 京都府庁旧本館(きょうとふちょうきゅうほんかん)は、京都府京都市上京区にあるルネサンス様式の建築物で国の重要文化財。京都府の技師を務めた松室重光氏の設計により、1904年(明治37年)竣工。 かつては京都府庁舎本館として使用されており、旧議場は現存する日本最古の議場とされる。 『外観はこれまでの和風建築とは異なる正統的な西洋建築の意匠が要求されたため、先に完成していた「東京府庁舎(明治27年)」や「兵庫県庁舎(明治35年)」を参考に、よりよいものを目指して設計され、工期3年余、総事業費は当時では破格の約36万6千円を要して、明治37年12月20日に竣工し、地上2階建、延床面積約6,100平方メートルで、創建当時は正庁(庁舎の広間で公式行事や式典を執り行う室)・知事室・議場・貴賓応接室・議長室など大小55室で構成され、中庭は、西欧風の整形式庭園として、しだれ桜を中心に中高木が植えられている。以後1世紀、旧本館は現在も、府庁のシンボルとして存在している。』(京都市のホームページより抜粋) 映画「舞妓Haaaan!!!」のロケ地のほか、数多くの映画やテレビドラマのロケ地として活用されているほか、結婚式やコスプレ撮影の場としても人気。※コスプレ撮影は現在休止中。 ※見学に関して新型コロナウイルス感染症の感染拡大防止対策として、令和2年4月2日から見学を休止していましたが、令和2年6月2日から一部再開。以前は日祝月を除き常時開放されていたが、現在は見学の際に事前登録が必要。 旧知事室、正庁、旧議場の少数(5名以下)での見学〈事前予約が必要です〉公開日 :火曜日から金曜日、土曜日(第1週、第3週、第5週)公開時間:午前10時から午後5時まで※但し、祝日及び年末年始を除く。 【見学にあたって】※見学については、事前予約をお願いします。・旧知事室、旧議場にて非接触型体温計による、検温にご協力ください。・万が一、感染症が発生した場合に備え、来館者名簿への記入等にご協力ください。・マスク着用をお願いします。また、入館時などにおいて、手洗いやアルコール消毒にご協力ください。 【事前予約受付及び申込先】・火曜日から金曜日・京都府庁旧本館案内所(特定非営利活動法人京都観光文化を考える会・都草)・電話番号:075-414-5432 詳しく見る
  • 京都御苑イメージ バリアフリーな観光情報 京都御苑 京都御苑 京都御苑(きょうとぎょえん)は京都御所の周囲の緑地で国内に3か所しかない国民公園の内の1つとして毎日門扉が解放され、自由に散策することができます。(ちなみに、残りの2つは「皇居外苑」と「新宿御苑」です) 苑内には500種以上の植物があり、約5万本の樹木が生育されていますが、多くは明治以降に植栽されたものだそうです。「マツ」「ケヤキ」「シイ」「カシ類」「イチョウ」などのほか「ウメ」「モモ」「サクラ」「サルスベリ」など季節ごとに花をつける木も多く存在します。また「スミレ」「タンポポ」などの草花やキノコ類も多く、キノコだけでも400種以上が確認されているそうです。 自然豊かな苑内には動物も多く見られ、野鳥の観測地として知られています。100種以上の野鳥が確認され、そのうち約20種は苑内で繁殖されているそうです。代表的な鳥としては「アオバト」「ビンズイ」「トラツグミ」「ゴイサギ」などがいます。(どうでもいいですが、サギはペリカンの仲間なのだそうです) 公園設備としては自然に親しむことができる「母と子の森」「トンボ池」「出水の小川」などが整備されているほか、「母と子の森」内の「森の文庫」では植物や生物など自然についての本が置かれたり、閑院宮邸跡の収納展示室で自然や歴史について解説とともに学ぶこともできるようです。 苑内の池には沢山の生き物が生息していますが、中でも「仙洞御所」の池はハゼ類の研究者として知られる明仁(平成の天皇)陛下が、この池で採取したヨシノボリの遺伝子解析を行った結果、ビワヨシノボリとシマヒレヨシノボリの交雑種であることを明らかにし、論文を2019年発表されています。(余談ですが、明人陛下は現在東京の「仙洞仮御所」にお住まいです) 詳しく見る
  • 京都御所イメージ 史跡 / 旧跡 京都御所 京都御所 京都御所(きょうとごしょ)は、京都市上京区にある皇室関連の施設です。1331年から1869年(明治2年)までの間の内裏(現在の皇居のような場所)でした。 現在もなお京都御所が残っているのは、東京の皇居に移り住まれた明治天皇が、1877年(明治10年)に京都を訪れられた際、東京行幸後10年も経ずに施設及び周辺の環境が荒廃した京都御所の様子を嘆かれ『京都御所を保存し旧観を維持すべし』と当時の宮内省(現・宮内庁)に命じられたことで、安政2年(1855年)に再建された姿を、当時のまま見ることができるのです。その翌年にも明治天皇は京都御所を巡覧され、保存の方策として『将来わが朝の大礼は京都にて挙行せん』との叡慮を示され、1883年(明治16年)には京都を「即位式」「大嘗会」の地と定める勅令が出されました。(現在は東京の皇居になっています) 詳しく見る
  • 二条城(元離宮二条城)イメージ 史跡 / 旧跡 二条城(元離宮二条城) 二条城(元離宮二条城) 二条城(にじょうじょう)は、京都市中京区にある、江戸時代に造営されたお城です。正式名称は元離宮二条城(もとりきゅうにじょうじょう)。 京都市の中心部、京都御苑の近くにある平城で、足利氏・織田氏・豊臣氏・徳川氏によって幾度か築城されていますが、現存するものは徳川氏によって作られたものです。 また、近代では京都府庁や皇室の離宮として使用されていました。城内全体が国の史跡に指定されており、「二の丸御殿」6棟が国宝、22棟の建造物と「二の丸御殿の障壁画」計1016面が重要文化財、「二の丸御殿庭園」が特別名勝に指定されています。さらに1994年(平成6年)にはユネスコの「世界文化遺産」に「古都京都の文化財」として登録されました。 徳川家康の将軍宣下に伴う賀儀と、徳川慶喜の大政奉還が行われ、江戸幕府の始まりと終わりの場所でもあり、近代においては大正天皇の即位式である即位礼の饗宴場として使用されました。 現在は、一般公開されておりほとんどの施設を見て回ることができるほか、結婚式を行うことも出来るようです。 観覧料入城料二の丸御殿展示収蔵館(入城料のみ)一般1,030円100円(620円)一般団体(30名以上)830円100円(520円)中高生350円100円–小学生200円100円–小学生未満無料無料- ※一般の方について、入城後、二の丸御殿や展示収蔵館の観覧券を購入される場合は、総合案内所又は展示収蔵館にてご購入いただけます。(展示収蔵館では展示収蔵館観覧券のみ販売しています) 詳しく見る
買い物かごカート