コラム

  • 琵琶湖疎水記念館イメージ 琵琶湖疎水記念館 琵琶湖疏水記念館 琵琶湖疏水記念館(びわこそすいきねんかん)は京都市左京区にある「琵琶湖疎水」の成り立ちを紹介する記念館で、1989年(平成元年)8月9日に開館しました。琵琶湖と京都を結ぶ運河「琵琶湖疏水」の完成100周年を記念して京都市が開設した公営の記念館です。(管理を担当しているのは「京都市上下水道局」で、開設20周年にあたる2009年には一時休館しリニューアルが行なわれました) 所蔵資料は琵琶湖疏水とともに2007年11月に「近代化産業遺産」として認定されており、見どころ豊富な施設となっています。 展示室は「地階」「1階」「2階」に分かれており地階・1階の常設展示(ミニチュアやビデオライブラリーによる解説、レプリカを含む関連資料の展示)のほかに2階では特別展示が定期的に内容を変更して行われています。 その他にも、屋外展示として水力発電に使われた「ペルトン式水車」と「スタンレー式発電機」、さらに京都市動物園の地下にあたる場所には「ドラム工場」と呼ばれるインクラインの操車場とその設備の一部が当時のまま残されており、インクライン周辺と合わせて大変見ごたえのある施設となっています。 「ドラム工場」内の様子 琵琶湖疎水記念館では屋外に休憩用のいすなども設置されており、休日などには京都の浄水をPRするためのイベントなども定期的に行われています♪ マンホールカード ※マンホールカードは下水道広報プラットホームが制作発行を支援するトレーディングカードです。マンホールカード、配布状況について詳しくはこちらをご確認ください → http://www.gk-p.jp/mc-qa/ 入館料 無料 詳しく見る
  • 京都市京セラ美術館(京都市美術館)イメージ 京都市京セラ美術館(京都市美術館) 京都市京セラ美術館(京都市美術館) 京都市美術館(きょうとしびじゅつかん)は、京都市左京区の岡崎公園にある美術館で、1933年(昭和8年)開館。公立の美術館としては「東京都美術館」に次ぎ日本で二番目に開館した大変歴史ある美術館です。 コレクションは明治以降 - 1990年(平成2年)頃にまで至る日本画、洋画、工芸作品などが中心で、主な展覧会はこれらコレクションを年数回テーマを変えて展示換えする常設展のほか、各種公募展、大学の卒業展などが開催されています。また、新聞社などが主催する大規模な企画展覧会も定期的に行われています。 2020年のリニューアルに伴い「京セラ」が命名権を取得し、2020年(令和2年)3月21日の再オープンに先立ち2019年から京都市京セラ美術館(きょうとしきょうセラびじゅつかん)の呼称に変更。これに伴い、京都市伏見区の京セラ本社にあった「京セラ美術館」は「京セラギャラリー」に名称変更されました。(こちらの「京都市京セラ美術館」という名称は2070年まで使用されるそうです) 館長はリニューアル案の設計者でもある建築家の青木淳氏で、京都市内にある国公立の博物館・美術館4館で構成する「京都ミュージアムズ・フォー」の1つです。 開館80周年にあたる2014年に、京都市は「京都市美術館将来構想」を策定。翌年には「京都市美術館再整備基本計画」を策定し、公募型プロポーザルによって、応募者の中から現在館長を務める青木淳氏と共同設計者・西澤徹夫氏の案が選ばれました。 リニューアル工事は休館後の2018年1月に始まり、2019年10月に竣工、2019年11月には報道陣や美術関係者や一般市民に対する公開が行われました。(ちなみに、命名権の額は50億円で改装費用のおよそ半分だそうです…え、改装ってそんなにかかるの?汗) 企画展・別館は、展覧会ごとに料金が異なります。 各展覧会のページをご覧ください。なお、団体(20名以上)のお客様はこちらをご覧ください。https://kyotocity-kyocera.museum/news/infomation/2020/06/group  コレクションルーム京都市内在住の方市外在住の方団体(20名以上)一般※1520円730円620円小中高生等無料※2300円200円小学生未満無料無料無料 ※1 京都市在住の70歳以上の方(敬老乗車証等の提示で確認)、障害者手帳等を提示の方およびその介護者1名は無料です。京都市キャンパス文化パートナーズに登録している京都の大学に通学する学生で会員証・学生証を提示の方の観覧料は100円です。京都市キャンパス文化パートナーズの登録はこちらから※2 京都市在住または通学の小中高生等※1、2については確認できるものをご持参ください。 詳しく見る
  • MoMAK(京都国立近代美術館)イメージ MoMAK(京都国立近代美術館) MoMAK(京都国立近代美術館) 1963年(昭和38年)に京都市勧業館別館を改装し、「国立近代美術館京都分館」として開館、1967年(昭和42年)「東京国立近代美術館」より独立、「京都国立近代美術館」として本格的に運用が開始されました。 日本の近代美術史全体に配慮しながら、京都を中心に主に関西・西日本の美術に比重を置き、京都画壇の日本画・洋画などを積極的に収集・展示しているほか、国内外の近代芸術作品をジャンルを問わず、積極に展示している。 収蔵品にはピカソやモンドリアン、横山大観、藤田嗣治(レオナール・フジタ)、河井寛次郎など著名な作家の作品も多くコレクションされています。 また、現在の建物(新館)は「プリツカー賞(*1)」受賞の建築家・槇文彦氏による設計で、1986年(昭和61年)に竣工しました。 京都市内にある国公立の博物館・美術館4館で構成する「京都ミュージアムズ・フォー」の事務局も京都国立近代美術館内に設けられているそうです。 *1 「プリツカー賞(The Pritzker Architecture Prize)」は、アメリカのホテルチェーン「ハイアットホテルアンドリゾーツ」のオーナーであるプリツカー一族が運営するハイアット財団(The Hyatt Foundation)から建築家に対して与えられる賞。 展覧会の観覧料は各展覧会によって異なります。 尚、展覧会の観覧券でコレクション・ギャラリーもご観覧いただけます。※学生・教職員の方は国立美術館キャンパスメンバーズのページをご確認ください  コレクション・ギャラリー当日団体夜間割引一般430円220円220円大学生130円70円70円高校生、18歳未満、65歳以上無料無料無料 ※観覧券のご購入、入場は閉館の30分前までです。※夜間割引:金曜日、土曜日午後5時以降に観覧券をご購入、入場されるお客様に割引を実施します。(2021年1月16日より当面の間、夜間開館は中止)※国立美術館キャンパスメンバーズは、学生証または職員証の提示により、無料でご観覧いただけます。 詳しく見る
買い物かごカート