コラム

  • 東寺(教王護国寺)イメージ 東寺(教王護国寺) 東寺(教王護国寺) 東寺(とうじ)は、京都市南区にある東寺真言宗の寺院で、真言宗の根本道場であり、総本山です。開祖は弘法大師空海(こうぼうだいしくうかい)で京都では「東寺さん」と呼ばれて大変親しまれています。東寺は教王護国寺(きょうおうごこくじ)とも呼ばれますがどちらも正式名称です。他にも「金光明四天王教王護国寺秘密伝法院(こんこうみょうしてんのうきょうおうごこくじひみつでんぽういん)」や「弥勒八幡山総持普賢院(みろくはちまんさんそうふげんいん)」という名前もあるようです。 「金光明~」は「教王護国寺」の正式名称なのですが、宗教法人の登録は「教王護国寺」だそうです…(ややこしや)「弥勒八幡~」は弘法大師が自分で彫った「八幡神」に由来するようですが諸説あるようです。(子会社とかグループ企業的な感じですかね?) そもそも、東寺は創建当時、都の入り口を守るために作られたそうで、羅城門(らじょうもん・現在では羅生門(らしょうもん)とも表記しますが、どちらも正式名称です)を挟み東の「東寺」と西の「西寺(さいじ)」がありました。現在では、西寺は石碑と公園のみとなっています(国の史跡に選定されています)が、現在の東寺とほぼ同じ敷地面積でしたが、早くに衰退してしまい「官寺(かんじ)」としての機能は東寺に集約されたようです…。 ご本尊は薬師如来ですが、境内には他にも多数の仏像が安置されています。寺紋は雲形紋「東寺雲(とうじぐも)」。 前著の通り、東寺は平安京鎮護のために官寺として建立が始められた後、嵯峨天皇より弘法大師に下賜され、真言密教の根本道場として栄えました。明治維新までは、東寺の長官は4人の東寺長者(とうじちょうじゃ)と呼ばれる真言宗の最高位で、長者の筆頭である一長者(いちのちょうじゃ)は律令制(りつりょうせい)における仏教界の首座である法務も兼任するのが慣例だったようです。 中世以降の東寺は弘法大師に対する信仰の高まりとともに「お大師様の寺」として庶民の信仰を集めるようになり、現在でも信仰を集めています。 弘法大師の月命日である毎月21日には「弘法市」という縁日(フリーマーケット)が開催され「弘法さん」と呼ばれ大変親しまれています。 1934年(昭和9年)に国の史跡に指定。1994年(平成6年)12月には「古都京都の文化財」の構成資産として世界遺産に登録されました。 御朱印 御朱印は食堂内に納経所(朱印所)があります。※「弘法大師」「大日如来」「薬師如来」「毘沙門天」「不動明王」「十一面観音菩薩」「愛染明王」「八幡大菩薩」「虚空蔵菩薩」の9種類が通年で受けられます。 拝観料 「御影堂」「食堂」などの拝観は無料 「金堂」「講堂」「五重塔」は有料※通年で公開していますが、「五重塔初層内部」「宝物館」の公開は特別公開や特別参拝などの会期中に限られます。 詳しく見る
  • 平安神宮イメージ 平安神宮 平安神宮 平安神宮(へいあんじんぐう)は、京都府京都市左京区にある神社で、旧社格は官幣大社(かんぺいたいしゃ)、勅祭社(ちょくさいしゃ)で現在は神社本庁の別表神社。(なんのこっちゃ?って感じですが、天皇家と国が管理していたという意味のようです…別表神社も結局、国の管轄なので国が運営している神社ってことですかね?) 1895年(明治28年)4月1日に平安遷都1100年を記念して京都で開催された「内国勧業博覧会」の目玉として平安京遷都当時の大内裏の一部復元が計画されました。当初は実際に大内裏があった千本丸太町に朱雀門が位置するように計画されたそうですが、用地買収に失敗、1893年(明治26年)9月3日に地鎮祭が執り行われ、当時は郊外であった「岡崎」に実物の8分の5(ポテチかな?)の規模で復元されたそうです。 博覧会に先立つ3月15日には、平安遷都を行った天皇であった第50代桓武天皇を祀る神社として創祀され、皇紀2600年にあたる1940年(昭和15年)に、平安京で過ごした最後の天皇である第121代孝明天皇が祭神に加えられたそうです。 平安神宮では、京都を守る四神に関するお守りなどの授与品が多く存在します。 1976年(昭和51年)1月6日に火災(平安神宮放火事件)により本殿・内拝殿など9棟が炎上、焼失しましたが、東西の両本殿から御神体は運び出されており無事でした。また、外拝殿である大極殿も延焼をまぬかれましたが、焼失した9棟に関しては創建が比較的新しかったこともあり、当時はまだ文化財指定を受けておらず、再建のための国からの補助金が見込めませんでした。しかし、全国からの募金や寄付により、本殿や内拝殿は3年後に再建され、現在も見ることができるのです。(感謝!) 1994年(平成6年)3月15日には、平安神宮御鎮座百年祭が執り行われました。 御朱印  ※御朱印帳のデザインは「四神」が表紙に描かれています。(詳細は公式HPへ) 詳しく見る
買い物かごカート